スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円高、株急落で対応協議=鳩山首相と菅財務相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は21日、菅直人副総理兼財務相と首相官邸で会談し、現在の経済情勢について協議した。欧州の信用不安を背景に急速に進んだ円高や株価急落など金融市場の不安定化を受け、対応を検討するとみられる。
 また、日銀は21日の金融政策決定会合で、金融市場の不安定化が景気に与える影響などを議論したとみられ、会談では政府・日銀が一体となった対応策も検討されそうだ。
 これに関連し、平野博文官房長官は21日の定例会見で、「株安や為替の問題は政府として常に注視しなければならない」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

<国交省>発注先の公益法人を提訴へ ずさん道路調査で損害(毎日新聞)
<詐欺>ゲームソフトにウイルス埋め込み 警視庁が初摘発(毎日新聞)
<口蹄疫>10キロ圏の全家畜処分 政府決定(毎日新聞)
トキ、抱卵中断=ふ化難しく―新潟県佐渡市(時事通信)
公示まで1か月、公認候補者は340人(読売新聞)
スポンサーサイト

N700系さくら、800系つばめ…8月に最初で最後の九州新幹線見学会(産経新聞)

 JR九州は8月21、22の両日、熊本市富合町に建設中の「熊本総合車両基地」で、来春に全線開業する九州新幹線の車両N700系「さくら」、新800系「つばめ」の見学会を開催する。開業前としては、最初で最後の見学会になるという。

 新大阪-鹿児島中央を直通運転する「さくら」は8両2編成、九州内を走る「つばめ」は6両1編成が用意され、客室内も見学できる。JR九州の唐池恒二社長は「内装・外装とも工夫を凝らしたさくらと、和の香り漂う車両となったつばめを公開するのは、おそらく最初で最後になると思う」と語った。

 また、新幹線の全般的な検査を行う熊本総合車両基地(約20万平方メートル)の敷地内も見学できる。

 見学会は21日午後1時半~同5時半と、22日午前9時半~午後4時半。募集人員は計6千人。応募多数の場合は抽選。申し込みは、はがき(〒162-8691 郵便事業株式会社新宿区牛込支店 私書箱11号 熊本総合車両基地一般公開事務局宛)かインターネット(http://www.jrkyushu.co.jp/kichikengaku/)で。

 締め切りは6月13日。問い合わせはJR九州販売1課((電)092・474・0278)へ

【関連記事】
JR九州社長「新幹線全通後に特急廃止、快速増は困難」
北陸新幹線関係都市 早期全線整備を決議
一足先に「さくら」に乗ろう JR九州、8月に熊本で車両公開
北陸新幹線延伸「在来線共存の課題、解決が前提」 前原国交相
新幹線 丸ごと導入は「NO」 ラフード米運輸長官 ブログで公言
中国が優等生路線に?

<淀川女性遺体>「息子引き取りたい」職求め全国転々(毎日新聞)
<COP10>「10月に名古屋」覚えて 地元の認知度7割(毎日新聞)
南海高野線 快速急行にはねられ高1女生徒が死亡…大阪(毎日新聞)
地域別に詳細目標を設定=地籍調査の作業促進で―国交省(時事通信)
五木寛之さん「親鸞」上巻、ネットで無料公開(読売新聞)

<普天間移設>政府、5月決着断念へ…徳之島3町長拒否(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は7日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、鹿児島県・徳之島の伊仙、天城、徳之島の3町長らと首相官邸で初めて会談した。首相は「普天間の機能の一部をお引き受けいただければ、大変ありがたい」と要請。ヘリ部隊移転が困難な場合、訓練移転だけでも受け入れるよう求めたが、3町長は交渉の継続も含めて拒否した。沖縄に続き地元自治体との交渉は暗礁に乗り上げた。政府は「5月末の完全決着」を断念する方針で、代わりに政府の考え方を閣議決定することなどを検討しているが、野党各党は首相の責任追及を強めている。

 「大変な混乱、ご迷惑をお掛けしたことを、まずおわび申し上げたい」。3町長との会談は訪沖と同様、首相の謝罪から始まった。首相は、徳之島への一部移転案について「すべてを(沖縄県外に)移設することは不可能という認識に至った。機能の一部を沖縄から遠くないところに移設できないかと思い、徳之島にお願いできないかという思いを強くした」と訴えた。

 会談は1時間10分行われ、冒頭の25分間が報道陣に公開された。3町長のほか、伊藤祐一郎鹿児島県知事、徳之島が選挙区の徳田毅自民党衆院議員らが同席した。3町長は首相に、移設反対の島民2万5878人分の署名3束を手渡し、「徳之島の民意は移設断固反対だ」と通告した。

 政府は、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)か沖合に「くい打ち桟橋」(QIP)方式で滑走路を建設する一方、徳之島に普天間の航空部隊のうち最大1000人か、一部訓練を移転する方向で米側と交渉を進めている。

 しかし、くい打ち桟橋案は代替施設の機能を基本的に維持することを想定し、「沖縄の負担軽減」とは無関係。県外全面移設を断念した首相にとって、「沖縄の負担軽減」を示すため、徳之島への一部移転案は譲れない一線だ。それが3町長から全面拒否されたことは、沖縄への大きな説得材料も失うことを意味する。首相周辺には「今さら現行計画に戻るわけにはいかない」と焦燥感が募る。

 首相は会談で「民意が許す範囲で何とかお願いしたい。部隊(移転)が難しければ、訓練だけでも」と懇願した。何度も繰り返す首相に、3町長は「5回も断った」という。住民との意見交換のため、自ら徳之島を訪問する意向も示したが、いずれも3町長は拒否した。会談終了後、3町長は記者団に対し「何十回会おうと平行線だ」(大久幸助・天城町長)などと、これ以上の交渉には応じない考えを示した。

 連立与党内の足並みの乱れも広がりつつある。平野博文官房長官は7日午前の閣僚懇談会で、5月末決着に向け全閣僚に協力を要請。しかし、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「沖縄県民の気持ちを切り捨てる政治をやってはならない」と注文をつけた。国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は閣議後会見で「沖縄県民に『くい打ち』が受け入れられるのはなかなか難しい」と、くい打ち桟橋案に否定的な見解を表明した。

 首相は7日夜、首相官邸で記者団に対し、3町長との交渉について「誠心誠意、真心を込めて尽くすしかない。これからも意見交換していきたい」と語り、移設交渉を続けていく意向を示した。

 政府側の会談同席者は「徳之島から合意を得るのは難しくても、理解を得るぐらいなら、何とかならないか」となお望みをつなぐ。一方、月末の決着期限をにらみ首相周辺からはこんな発言も聞かれ始めた。「5月末の決着期限とは全部、結論を出すというわけではないからね」【横田愛】

【関連ニュース】
【写真で見る】米軍普天間飛行場とキャンプ・シュワブ沿岸部
【写真で見る】移転候補地となった徳之島
【ニュースがわかる】沖縄の米軍基地をわかりやすく解説
普天間移設:首相、15日の訪沖先送り
普天間:一連の首相発言 資質に「?」マークつく

警察官けった容疑で市職員逮捕 キャバクラ料金もめ聴取中(産経新聞)
首相、普天間・日米実務者協議「国益、世界平和のため」(産経新聞)
福岡県警、携帯3社と全国初の防犯提携(産経新聞)
高速道無料化でCO2排出は減る? 増える(産経新聞)
天皇、皇后両陛下 冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。